HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :音楽が人間に与える生理心理的効果と障害児教育への応用・実践に関する研究
Authors :緒方, 茂樹
寺崎, 裕志
Authors alternative :Ogata, Shigeki
Terasaki, Hiroshi
Issue Date :Apr-2000
Abstract :平成10年度-平成11年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書 / 研究概要:本研究は障害児教育における「音楽を活用した取り組み」をより効果的に行うことを目的として行われたものである。研究内容は大きく二つの側面からなっており、実践的な側面として全国の養護学校を中心に「音楽を活用した取り組み」に関わる資料や文献を可能な限り収集しながらデータベース化をはかり、特殊教育諸学校における現状を総覧した。また基礎的な側面として、音楽が人間に与える効果や影響について明らかにするために、音楽のもつ時間的な音圧レベルの変動と同一の音圧変動をもたせたホワイトノイズ(変調雑音)の作成を試み、生理心理学的な実験的検討に当たっての有効性について重点的に検討した。 特殊教育諸学校において「音楽を活用した取り組み」は様々な場面で行われていることから、データベース化された資料を基に、指導目的、指導内容方法あるいは教育過程の枠組みなどについて集計を行った。その結果、音楽科としてのいわゆる教科学習の枠組みの中で行われている音楽活動が多くみられたが、一方で特に養護学校では教科以外の枠組み(自立活動、生活単元学習など)で「音楽を活用した取り組み」が行われていることが明らかとなった。この場合、特に「子どもの個に応じた」指導目的や指導方法内容が工夫されており、このような取り組みの重要性が改めて明らかとなったといえる。 前述した「音楽を活用した取り組み」を理論的に計画し、さらにその教育効果について科学的に評価するためには、音楽が人間に及ぼす効果や影響について客観的に知る事が不可欠である。これまでに行ってきた基礎的な研究成果を踏まえて本研究では、音楽鑑賞場面における生理心理学的な実験的検討を行うために必要な「対照刺激(変調雑音)」を作成し、その有効性について検証した。今回はデジタル処理で開発することに成功しており、音楽鑑賞時の覚醒水準の変動(覚醒調整効果)を知るためにきわめて効果的であることが明らかとなった。
This study was planned for "Musical approach for the special education". This report has two-way approach. First is the active applied study for special education. Second is the fundamental study by using the technique of psychophysiology. In the field of special education, active attention on "Musical approach for emotionally disturbed children". For this reason, actual conditions on special schools were investigated with making the database. In the special schools, there were many guidings principle in the curriculum of music. In the other hand, there were also many teaching out of the curriculum of music. In the future, especially for the emotionally disturbed children, it is necessary of new approach for the musical study, out of the curriculum of music. For the fundamental study of listening to music, it is important of psychopysiological study for the music. In order to create a controlled condition vs. Listening to music, ''sound modulator" was devised. We investigated using this new devise. Under the simulated noise condition, it bring to variation of the arousal level, and it was related for musical sound pressure level. In the other hand, listening to music bring to constitution of the arousal level, trended to maintain downward consciousness. Thus, several music may have the "contorol of the arousal level".
Type Local :研究報告書
Publisher :緒方茂樹
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1754
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ogata_s01.pdf4365KbAdobe PDFView/Open