HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai Review of Language & Literature >
No.32(1987/12) >

 
Title :Homologous Tautology in High-Context and Low-Context Communication : Different Values in Two Cultures
Title alternative :高文脈と低文脈のコミュニケーションにおけるホモロガス・トートロジー:異文化間の価値の違い
Authors :Kanemoto, Madoka
Authors alternative :兼本, 円
Issue Date :Dec-1987
Abstract :本稿では、「XはX」(ホモロガス・トートロジー)の発話の持つ異文化間に於ける価値の相違について検討してみた。ホモロガス・トートロジーは、高文脈の日本文化では、低文脈の米国での低い評価とは逆に、美的であり、説得力に豊むコミュニケーションの手段として高く評価されていることが分った。さらに、今後の研究の必要性を説いた。
Type Local :紀要論文
ISSN :0387-7957
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/17990
Citation :琉球大学語学文学論集 = Ryudai review of language & literature no.32 p.57 -73
Appears in Collections:No.32(1987/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No32p057.pdf2929KbAdobe PDFView/Open