HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :睡眠不足による心理的及び運動パフォーマンス低下のメカニズム追究
Title alternative :Effects of sleep deprivation on psychological and exercise performance
Authors :竹野, 欽昭
Authors alternative :Takeno, Yoshiaki
Issue Date :21-Jun-2010
Abstract :2008年度~2009年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
研究概要(和文):競技スポーツなど前夜の緊張や不安によって、一睡もできないまま試合に臨まなければならないことがある。本研究課題では、睡眠不足による心理的及び運動パフォーマンス低下の原因を体液量調節の観点から検討した結果、24 時間断眠によって発汗による脱水症状が亢進するが、水分を多めに摂取するなどの体液維持対策によって、運動パフォーマンスの低下や暑熱環境下運動中の熱中症を予防できる可能性が考えられた。
研究概要(英文) : Sleep and sleep deprivation are intimately related to performance. This study examined the effect of 24 h of sleep deprivation on both psychological and exercise performance. Results from this study suggested need for fluid replacement to improve both performance because 24 h of sleep deprivation developed dehydration.
Type Local :研究報告書
Publisher :竹野欽昭
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18108
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20700497seika.pdf375KbAdobe PDFView/Open