HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.77 (2010/8) >

 
Title :日本人学校教員への聞き取り調査の結果から考える大学卒業段階での小学校理科授業実践力と教員養成教育のあり方
Title alternative :Teacher Training Program and Curriculum to Acquire Teaching Ability for Natural Sciences in Elementary School Demanded at the Stage of Postgraduate - Interview Surveys to Teachers at a Japanese School Outside of Japan for Native Speakers of Japanese -
Authors :吉田, 安規良
Authors alternative :Yoshida, Akira
Issue Date :Aug-2010
Abstract :大学卒業段階で学校教育現場の要望に応える小学校理科授業実践力育成のための教育実践の基礎資料として,日本人学校の専任教員へ「理科に関する素養」,「大学で学びたかったこと」,「理科の教材研究・授業実践で苦労したこと」を主体とした聞き取り調査を実施した。大学卒業段階で求められる理科授業実践力を担保するためには,「大学で学ぶ目的をしっかりと持たせる」ことや,「学校現場や現職教員からの学び」から現代的な課題を学ぶ機会と,「理科の学習を構成する知識・理解や技能等」を授業実践などの具体例を通してなるべくたくさん身につけさせることが重要である。その一方で「明日の授業ですぐ使える」ものだけでなく,身の丈にあった形や子どもの実態,学校をとりまく環境に応じてアレンジできる能力を身につけることも求められる。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18327
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.77 p.115 -132
Appears in Collections:No.77 (2010/8)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No77p115.pdf3192KbAdobe PDFView/Open