HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.77 (2010/8) >

 
Title :処理モードの異なる自己注目が抑うつ的反すうに及ぼす影響
Title alternative :The effects of self-focus based on the different processing modes on depressive rumination
Authors :竹市, 咲乃
伊藤, 義徳
Authors alternative :Takeichi, Sakino
Ito, Yoshinori
Issue Date :Aug-2010
Abstract :本研究の目的は、抑うつ的反すうをもたらす自己注目の背景にあるとされる、異なる情報処理のモードが、反すうに及ぼす影響を実験的に検証することであった。具体的には、Teasdale (1999)の情動処理理論におけるdoingモードとbeingモードの、それぞれに基づく自己注目が反すうに及ぼす影響を検討したWatkins (2004)に、改善を加えながら追試を試みた。大学生を対象に、抑うつや反すう特性を有せず、最近ネガティブな経験をし、それに対して適度に反すうしている20名を抽出し、doingモード自己注目を誘導する群とbeingモード自己注目を誘導する群にランダムに振り分けた。先行研究を参考に、筆記表現課題の際の教示を変えることでそれぞれのモードに誘導した。1日15分、3日間筆記表現課題を行い、その前後で抑うつ気分、反すう、侵入的想起、回避、出来事の苦痛度を測定した。その結果、回避を除く全ての指標において、両群共に実験前後で得点が減少することが示された。しかし、手続きの妥当性の分析により、教示による誘導の妥当性が確保されていないことが明らかとなった。本研究結果から得られる示唆と、教示によるモードの誘導の注意点等について考察を行った。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18367
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.77 p.163 -172
Appears in Collections:No.77 (2010/8)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No77p163.pdf1545KbAdobe PDFView/Open