HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.55 (1999/10) >

 
Title :児童の生活習慣と心理的ストレス : 性格特性と低体温との関連で
Title alternative :Life Habits and Psychological stress in School Children : Personality, Low body temperature children
Authors :嘉数, 朝子
井上, 厚
田場, あゆみ
Authors alternative :Kakazu, Tomoko
Inoue, Atushi
Taba, Ayumi
Issue Date :Oct-1999
Abstract :本研究の目的は、(1)生活習慣と学習習慣、ストレス反応、および体温との関連を検討すること、(2)被験者を低体温群と普通体温群の2群に分け、生活・学習習慣、ストレス反応の両群間の違いを検討すること、であった。 主な結果は次の通りであった。生活習慣とその他の要因との間には関連があった。一方、学習習慣は、ストレス反応や体温との間には関連はみられなかった。このことから、小学生においては、学習習慣、ストレス反応、体温は生活習慣の影響を受けることが示唆された。また、生活習慣尺度の中の「遅刻」の項目に関して、学習習慣の3下位因子の全てと関連がみられたことから、「遅刻」は学習習慣の形成に最も影響を与えることが示唆された。また、低体温群と普通体温群の間で、生活・学習習慣とストレス反応には違いはみられなかった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1854
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.55 p.221 -232
Appears in Collections:No.55 (1999/10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol55p221.pdf935KbAdobe PDFView/Open