HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.54 (1999/3) >

 
Title :児童のストレス対処行動と統制可能性の関係の発達的変化
Title alternative :Developmental Changes of the relation between Perceived Controllability and Stress Coping in Elementary Students
Authors :嘉数, 朝子
當山, りえ
井上, 厚
Authors alternative :Kakazu, Tomoko
Toyama, Rie
Inoue, Atushi
Issue Date :Mar-1999
Abstract :The purpose of this study to survey the developmental perspective of perceived controllability and stress coping in 2nd, 3rd, and 4th grade elementary students. The results suggest that the children were very capable of controlling themselves in stressful in terpersonal situation. Also, they were likely to less rely on help and support from others as they matured. There were differences between the sexes in coping with stress. The individual differences in coping strategies were more apparent among boys rather than girls.
本研究では小学校2、3、4年生を対象に、(1)対人的ストレス場面における、ストレッサーの統制可能性の認知とそれに続くストレス対処行動との関係を、発達的観点から明らかにすること、および(2)ストレス対処行動における性差の有無を検討することを目的とした。その結果、(1)学年が進むにつれて、場面の困難度の識別が可能になり、統制可能性の認知が正確になること、(2)統制可能であると認知された場合には、低・中学年の児童とも教師という権威者のサポートを求めたり、あるいは対処行動を放棄することが多く、特に低学年では、プリミティブな攻撃行動に訴える傾向があること、および(3)対処行動の発達的変化に関しては、間接的問題解決行動および直接的問題解決行動は中学年の児童に多く、一方、サポートを求める行動は低学年の児童に多いことが明らかになった。また、性差については、男児では、女児に比べて、「直接的攻撃行動」と「対処なし」が多いことが明らかになった。さらに、男児の対処行動の特徴として、女児に比べて個人差が大きいことも示唆された。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1857
Citation :琉球大学教育学部紀要 第一部・第二部 no.54 p.475 -486
Appears in Collections:No.54 (1999/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol54p475.pdf1300KbAdobe PDFView/Open