HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.52 (1998/3) >

 
Title :心理ストレスと対処行動に関する比較文化的研究の展望
Title alternative :A review on the cross-cultural study of psychological stress and coping
Authors :嘉数, 朝子
井上, 厚
當山, りえ
Authors alternative :Kakazu, Tomoko
Inoue, Atushi
Toyama, Rie
Issue Date :Mar-1998
Abstract :本論は、心理ストレスと対処行動に関する比較文化的研究の文献検索システムPsycLITを用いて論文概要を展望したものである。整理の観点としてAldwin(1994)が挙げるつぎの4点、(1)ストレッサーのタイプ、(2)ストレスフル度の査定、(3)対処方略の選択、(4)文化が提供する社会的資源を使って個々に比較考察した。最後に沖縄県における心理ストレスと対処行動の研究にむけて、環境要因や個人内要因の点から検討した。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1859
Citation :琉球大学教育学部紀要 第一部・第二部 no.52 p.185 -192
Appears in Collections:No.52 (1998/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol52p185.pdf858KbAdobe PDFView/Open