HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Research Report (Faculty of Agriculture) >

 
Title :沖縄産マングローブ構成樹種の組織培養に関する基礎的研究
Title alternative :Studies on initial tissue culture techniques of mangrove tree species in Okinawa, Japan
Authors :馬場, 繁幸
佐藤, 一紘
金城, 一彦
Authors alternative :Baba, Shigeyuki
Sato, Kazuhiro
Kinjo, Kazuhiko
Issue Date :Mar-1993
Abstract :平成3年度~平成4年度科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書
研究概要(和文):研究代表者と研究分担者は相互に密接な連携を保ちながら、研究計画に基づき二年間の研究を遂行した。その結果の概要は次の通りである。1.沖縄県内に産するマングロ-ブ林の主要構成樹種の中でヒルギ科のメヒルギ、オヒルギ、ヤエヤマヒルギを主たる研究材料としたが、合わせたシクンシ科のヒルギダマシ、マヤプシキ科のマヤプシキ、アオイ科のオオハマボウも研究材料として用いた。2.研究材料とした6樹種はいずれも熱帯地域に広汎に分布するマングロ-ブ構成樹種とした。3.組織培養に用いた主要な器官は胎生種子であるが、胎生種子を形成しないヒルギダマシでは半胎生種子を、マヤプシキとオオハマボウでは種子を実験材料とした。4.胎生種子を材料とした滅菌方法が確立され、エタノ-ルと次亜塩素酸ナトリウムの滅菌を併用することにより、コンタミ率が抑制された。 5.カルスの誘導に用いた植物ホルモンは、サイトカイニンとしてカイネチン、オ-キシンとして2,4-Dとしたが、カイネチンは必ずしも必要ではなく、 2,4-Dのみでもカルスが誘導可能であり、このことはこれまでにマングロ-ブ構成樹種の組織培養では報告されていない新しい知見であった。6.胎生種子を用いた実験では、培地に前述の植物ホルモンを添加することによって、胎生種子の生育段階の違いによるカルス形成率に大きな差異がないことが明かにされた。7.オオハマボウでは種子より無菌苗が育成され、その無菌苗を用いて胚軸および葉からのカルスの誘導が可能であった。8.胎生種子を材料としたカルスの継代培養はカルス形成後速やかに行われるこのが望ましく、継代が遅れると形成されたカルスは硬化し、継代後の継代培地での培養が困難であった。
研究概要(英文):In this study, attempts have been made to develop initial tissue culture techniques of several mangrove tree species distributed in Okinawa, Japan. The samples were collected from trees of Bruguiera gymnorrhiza, Kandelia candel, Rhizophora stylosa (Rhizophoraceae) and Hibiscus tiliaceus (Malvaceae) in Okinawa island, and trees of Avicennia marina (Verbenaceae) and Sonneratia alba (Sonneratiaceae) in lriomote island. Materials used for inducing calli were viviparous seeds of B. gymnorrhiza, K. candel and R. stylosa, semi-viviparous seeds of A. marina, and seeds of H. tiliaceus and S. alba. In the callus culture, viviparous seeds were cut in disc shaped particles in 5 mm thickness, then put on the media. Two regents of phytohormones, Kinetin as a cytokinin and 2, 4-D (2, 4-dichlorophenoxyacetic acid) as a auxin, were added for inducing calli to MS medium (Murashige and Skoog medium, 1962). Few contaminations were observed for using a modified sterilisation method combined with the ethyl alcohol and sodium hypochlorite solutions method. There was no significant difference in the rates of callus inductions between any growing stages of viviparous seeds of B. gymnorrhiza, K. candel and R. stylosa when both kinetin and 2, 4-D were added to the callus inducing media. Calli were induced from hypocotyls of non-symbiotic seedlings of H. tiliaceus. The subcultures were done at the earlier stages of inducted calli of viviparous seeds, because those calli at the later stages became harder, and not grew well on the subculture media.
未公開:P.3~P.50(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :馬場繁幸
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18707
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
03660160.pdf表紙、研究概要703KbAdobe PDFView/Open