HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Research Report (Faculty of Agriculture) >

 
Title :沖縄産マングローブ樹種の種子散布と個体群動態に関する研究
Title alternative :Seed dispersion dynamics and population genetics of mangroves in Okinawa
Authors :馬場, 繁幸
Authors alternative :Baba, Shigeyuki
Issue Date :Mar-2002
Abstract :平成11年度~平成13年度科学研究費補助金(一般研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要(和文):マングローブは通常の陸上植物の種子散布とは異なり、潮汐あるいは海流によって種子が散布されるものが多い。このような種子散布様式をもつマングローブの個体群(集団)の遺伝的構成と、その動態を明らかにすることが本研究の目的である。本研究は平成11年度にはじまり、当該年度はその最終年度であった。用いられたDNAマーカーはマイクロサテライト(microsatellites)あるいはSSRs(Simple Sequence Repeats)と呼ばれるマーカーであり、前年までは主にオヒルギ、ヤエヤマヒルキが供試され、DNA抽出はCTAB法とIce-cold buffer法であった。本年度の主な供試樹種はヒルギダマシであり、DNA抽出は改変CTAB法で、DNAの精製精度を上げるためにDNA抽出キットも併用した。ヤエヤマヒルギについては、昨年度までに設計された24対のプライマーの中から8対のプライマーを用いて解析が行われたが、沖縄のヤエヤマヒルギ集団の変異は極めて小さかった。ヒルギダマシについては7対のプライマーが用いられ、7集団について遺伝解析が行われた。その結果、ヒルギダマシでは集団間のヘテロ接合度が小さく、集団内の遺伝変異も小さいが、個々の集団の遺伝的分化が大きいことが明らかにされた。マイクロサテライトはDNAマーカーとして極めて有用なマーカーであるが、樹種によっては遺伝変異が小さく、マイクロサテライトであっても変異を捉えることが難しかった。これまでに報告されたことのない本研究の成果としての新しい知見として、ヒルギダマシはヘテロ接合割合が小さく、高い割合で自家受粉することで集団を維持する適応戦略をもっていること、個々の集団が小さくて隔離されていることから、集団の遺伝的分化が大きく、種子の移動による遺伝子流動は小さいことが明らかにされた。
研究概要(英文):Mangroves are distributed at inter-tidal zone in tropics. Seeds and propagules are dispersed mostly by tides, and this seed dispersion manner is different from it of terrestrial plants. The purpose of the study is to investigate dynamics of population genetics of some mangrove tree species distributed in Ryukyu Islands, Okinawa, Japan. Microsatellites or simple sequence repeats (SSRs) were applied as DNA markers to Avicennia marina, Buruguiera gymnorrhiza and Rhizophora stylosa to analyze genetic variation. To optimize DNA isolation condition for these three tree species, several methods such as Cetyl-trimethyl-ammonium bromid (CTAB) method and Ice-cold buffer method were tested, and modified CTAB method and Dneasy Plant Mini Kit (Quiagen) showed the reliable DNA yield. Twenty-four microsatellite primers were designed for Rhizophora sylosa, and among them, 8 primers were used but genetic variation was small. For A. marina, 7 designed primers were applied to analyze genetic variation of 7 populations in Ryukyu Islands. Hetetozygosity (He) of 7 populations in Okinawa was between 0.000 and 0.078. It suggested that cross-pollination rates of 7 populations were smaller than that of 4 populations in the United Arab Emirates and Maldives.
未公開:P.1~P.70(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :馬場繁幸
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18712
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
11660156.pdf表紙、研究概要776KbAdobe PDFView/Open