HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Research Report (Faculty of Agriculture) >

 
Title :オヒルギとメヒルギの集団遺伝学的研究
Title alternative :Electrophoretic studies on Bruguiera gymnorrhiza and Kndelia candel in Okinawa, Japan
Authors :馬場, 繁幸
Authors alternative :Baba, Shigeyuki
Issue Date :Mar-1995
Abstract :平成5年度~平成6年度科学研究費補助金(基礎研究(C))研究成果報告書
研究概要(和文):沖縄県内には7種のマングローブ主要構成種が分布するが、その中から沖縄のマングローブ林の主要構成樹種であり、西表島、石垣島をはじめ沖縄島(沖縄本島)などに広く分布するオヒルギ(Bruguiera gymnorrhiza)とメヒルギ(Kandelia candel)の十分展開した成葉が研究材料とされた。アイソザイムの分析には、垂直ポリアクリルアミド平板電気泳動法が用いられ、集団遺伝学的解析がなされた。結果の概要は次の通りである。1.オヒルギならびにメヒルギの明瞭なザイモグラムを得るためには、従来スギ、マツ、ヒノキなどの樹木を対象として用いられていた染色方法では、明瞭なザイモグラムを得ることができず、染色方法の改良が必要とされた。2.供試材料について明瞭なザイモグラムを得るために染色方法の改良がなされ、ゲル上に明瞭なザイモグラム化が可能となった。3.明瞭なザイモグラムが得られた酵素種の中で非特異性エステラーゼ、パーオキシダーゼ、ホスホグルコムターゼ等については、いくつかの遺伝子座が推定された。4.推定が可能となった遺伝子座では、ゲル上にザイモグラム化された表現型(phenotype)から、遺伝様式と、遺伝子型(genotype)が推定された。5.推定された遺伝子型に基づき、採取された集団ごとに遺伝子頻度が計算された。しかしながら、推定された遺伝子型には不活性型の遺伝様式を示すものもみられ、この不活性型の遺伝子様式を示す遺伝座については、遺伝子頻度の計算はなされなかった。6.本研究の成果により、マングローブ構成樹種の中で熱帯アジア等に広く分布するヒルギ科(Rhizophoraceae) についても電気泳動法を用いることにより、集団遺伝学的研究が可能であることがわかり、解析酵素種数と解析集団数を更に増やすことによって、より精度の高い遺伝的距離(genetic distance)を求めることが明らかとなった。
研究概要(英文) : In this study, and attempt has been made to develop techiniques of the polyacrylamide gel electrophoresis (PAGE) of a vertical slab-format to analyzing isozyme loci of mangrove tree species. Two mangrove tree species were used in the study : Bruguiera gymnorrhiza and Kndelia candel in the family Rhizophoraceae. Both of two species widely are distributed in Okinawa, Japan, and distributed especially in the tropical Asian countries too. The samples of PAGE were used matured leaves of each tree collected from natural mangrove populations on Iriomote, Ishigaki, Miyako islands and Okinawa island too. Staining techniques were improved to get zymogrames clearly on the polyacrilamide gels which were consisted with 7.5% of the separation gel and 3.5% of the spacer gel. Seventeen enzyme species were stained such as acid phosphate ((ACP), eaterase (EST), gulutamate oxaloacetatate transamirase (GOT), phosphoglucomutase (PGM), peroxidase (POD), etc. Fine zymogrames were obtained 7 enzyme species out of 17 enzyme species. Phenotypes showed elecromorphs as allozymes in different individuals. Several loci of ACP,EST,PGM,GOT were estimated. All of them were either nonomers or dimers, but some of them showed null phenotypes which were not gotten exact gene frequencies. For this reason, the obtained gene frequencies were less numbers which were expected. But genetic distances are being tried to calculate.
未公開:P.3以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :馬場繁幸
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/18735
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
05660171.pdf表紙、研究概要772KbAdobe PDFView/Open