HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.18 (2011/3) >

 
Title :Happy Victimizer 課題にみる児童期の他者理解の発達 -沖縄と東京の比較-
Title alternative :The development of children's understanding of others by ‘Happy Victimizer’ -Comparison of Okinawa and Tokyo-
Authors :嘉数, 朝子
根間, 大輔
上地, 亜矢子
廣瀬, 等
青野, 真澄
柿沼, 美紀
上村, 佳世子
小林, 福太郎
Crystal, David
廣瀬, 真喜子
Authors alternative :Kakazu, Tomoko
Nema, Daisuke
Uechi, Ayako
Hirose, Hitoshi
Aono, Mashumi
Kakinuma, Miki
Uemura, Kayoko
Kobayashi, Fukutaro
Crystal, David
Hirose, Makiko
Issue Date :Mar-2011
Abstract :本研究では、1. Happy Victimizer 課題を用いて小学生の1年生から4年生の他者理解の発達的変化を検討すること、地域差、課題差を検討することを目的とした。発達的変化は先行研究と一致して、自分が加害者の場合は1年生よりも3, 4年生が共感的であった。地域差については2, 3学年で沖縄が東京よりも共感的という結果であった。課題差については沖縄ではアメ課題でHV傾向が大であった。東京では課題差は明瞭ではなかった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/19049
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 no.18 p.131 -139
Appears in Collections:No.18 (2011/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No18p131.pdf431KbAdobe PDFView/Open