HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Journal of Geography, History, and Anthropology >
No.2 (2011/3) >

 
Title :近世の百姓と米 -金沢平野を事例に-
Title alternative :Paddy and Hyakusyo in the early modern age
Authors :武井, 弘一
Authors alternative :Takei, Koichi
Issue Date :Mar-2011
Abstract :小稿では、金沢平野を事例にしながら、近世中期の百姓と米の関係について明らかにした。近世の百姓が年貢として納めていた米は、これまで「米」とひとくくりにされてきた。しかし、その内実をとらえてみると、早稲・中稲・暁稲・早糯・遅糯・暁糯の6つに分類され、100以上もの品種があった。そのなかには大唐米、いわゆる赤米も含まれており、百姓は食用にするだけでなく、家や屋根を修理するために藁を用いていた。百姓が作付けしていた米のなかには、多くの赤米が含まれていたと推測される。これだけ米に多くの品種があった要因には、近世前期から百姓が品種改良を試みていたことがあげられる。近世中期以降、多くの品種のなかで何が作付けされていったのか、その実態を見極めることは、近世の自然とヒトの関係を評価する新たな視点になると考えられる。
未公開:論文中の史料1・2、6~11は著者の意向により削除
Type Local :紀要論文
ISSN :2185-8535
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/21231
Citation :地理歴史人類学論集 no.2 p.47 -56
Appears in Collections:No.2 (2011/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2p047.pdf7374KbAdobe PDFView/Open