HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.67 (2005/9) >

 
Title :漢字の読みの記憶における認知スタイルの影響 : 言語型/視覚型との関連からの検討
Title alternative :Effects of verbal/visual cognitive style on learning of reading kanji
Authors :廣瀬, 等
廣瀬, 真喜子
Authors alternative :Hirose, Hitoshi
Hirose, Mkiko
Issue Date :Sep-2005
Abstract :大学生を被験者として、漢字の読みの記憶における認知スタイルの影響を検討した。認知スタイルは、漢字の読みに深く関係していると思われる、Richardson(1977)において提案された言語型-視覚型を取り上げ、認知スタイルと漢字の読みの記憶量の関係をみた。漢字の読みの記憶については、直後再生と50分後に遅延再生を行わせ、それぞれの記憶量、およびその変化を考察することにした。分析の結果、視覚型と言語型の被験者では、直後再生時の読みの記憶量にはそれほどの違いはないものの、遅延再生時の記憶量は、視覚型では低下し、言語型では保たれていることが示された。これらの結果は、被験者の記憶方法の自由記述からも、視覚型では視覚的な全体イメージから漢字を捉えて読みを記憶しようとするのに対し、言語型では部首などに着目して分析的に漢字を捉え読みを記憶しようとした記憶方法の違いが反映したものであると考えられた。そして、遅延再生時において視覚型の「全体的なイメージ」は薄れてしまったのに対し、言語型の「分析した情報」は有効に機能し続けていたものと考えられた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2132
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.67 p.143 -148
Appears in Collections:No.67 (2005/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol67p143.pdf712KbAdobe PDFView/Open