HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.10 (2003/3) >

 
Title :磁鉄鉱を原料とするオイル缶たたら炉の操業-容易で安全・確実なケラ(鋼塊)の作り方をめざして-
Title alternative :Operation of a Small, Modified "Tatara" Furnace with Low Ti Type Magnetite: An Easy and Safe Way of Steelmaking
Authors :松田, 伸也
Authors alternative :Matsuda, Shinya
Issue Date :Mar-2003
Abstract :縦23.7cm、横34.7cm、高さ47.4cmの小型の炉を作成してたたらの操業を行い、チタン含有量の少ない釜石鉱山産磁鉄鉱4.6kgから、約450gのケラ(鋼を含む鉄塊)をつくることができた。銑鉄・軟鉄片を含む金属鉄の総量は800gをこえた。 炉の外壁には18リットルのオイル缶を2個を用い、粘土で厚さ5~6cmの内壁を作った。磁鉄鉱は砂粒大に粉砕し、中粒・粗粒砂大のものはそのまま炉に投入し、細粒のものは、でんぷんのりで細礫大に固めて投入した。燃料には照葉樹起源の沖縄県産木炭を用いた。 本実験の結果は、原料と操業方法が適切であれば、大型の耐火レンガ製の炉を用いなくても、この程度の大きさの炉で、子供たちが「実用的な鉄」と納得しうる鋼塊をつくることができることを示している。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2203
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 no.10 p.57 -71
Appears in Collections:No.10 (2003/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No10p57.pdf2003KbAdobe PDFView/Open