HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.78 (2011/2) >

 
Title :教員養成課程学生は大学在学中にどのように変化するか? -思考態度および授業観の縦断的変化に基づく検討-
Title alternative :How do teacher training course students change during college? Investigations from thinking attitudes and images of teaching
Authors :道田, 泰司
Authors alternative :Michita, Yasushi
Issue Date :Feb-2011
Abstract :本研究では,教員養成課程の学生が大学4年間にどのように変化するかについて,思考態度ならびに授業観という観点から検討した。研究1では大学1年時と4年時の思考態度の縦断的変化を検討し,その変化に影響を与えた要因を聞き取り調査したところ,ほとんどの学生の思考態度が向上していた。それは,対人関係の広がりと深まりや,せざるを得ない状況によるもののようであった。研究2では毎年行った授業イメージの調査を元に,変化の影響因を聞き取り調査により検討したところ,授業イメージは一度で変化するわけではなく一定方向の変化が階段状に複数回起きていた。それは,教職科目における能動的活動体験と,教育実習などの現場体験から来ているようであった。これらの変化を踏まえ,体験と振り返りの重要性について考察された。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/22271
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.78 p.71 -83
Appears in Collections:No.78 (2011/2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No78p071.pdf1500KbAdobe PDFView/Open