HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education) >

 
Title :小・中学校の一貫を目指した被服教材とその指導-編むことをとおして-
Authors :富士栄, 登美子
Authors alternative :Fujie, Tomiko
Issue Date :Mar-1995
Abstract :古来,人は,頭を使い,手を使って,数千年も前から編むことを覚えた。さらに,編むことにより線から面を作り出していった。本稿は,子供たちの被服への興味・関心は,編むことから始まると考え,身近なおやつなどに使われている着色料で染めた毛糸を使い,編むことをとおして,被服への興味を引き出し,あわせて着色料への関心をも高める教材と小・中学校の一貫性をもたせた指導についての考察を行ったものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :0916-6939
Publisher :三重県総合教育センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2232
Citation :科学技術教育研究紀要 no.5 p.41 -46
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
fujie_t10.pdf707KbAdobe PDFView/Open