HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education) >

 
Title :沖縄と本土の型染に関する文化と美意識についての比較研究-伝統工芸(紅型)の更なる発展への寄与を展望して-
Authors :富士栄, 登美子
吉田, ハルヰ
小林, 桂子
Authors alternative :Fujie, Tomiko
Yoshida, Harui
Issue Date :Mar-2007
Abstract :研究概要:糊を防染に使う型染は,中国の印花布を除いて日本以外にはない。沖縄県の紅型,三重県の鈴鹿市白子,寺家の伊勢型,福島県の喜多方,会津若松,田島の会津型の各型染について比較検討し,その中で,紅型のもつ社会的,文化的背景,風土,人々の美意識を考察し,併せて,伝統工芸の更なる発展への寄与を展望する。
Type Local :雑誌掲載論文
Publisher :沖縄産学官連携推進協議会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2240
Citation :シーズ発表予稿集 p.20
Appears in Collections:Peer-reviewed Journal Articles (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
fujie_t21.pdf113KbAdobe PDFView/Open