HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Bulletin >
The Science Bulletin of the Division of Agriculture, Home Economics and Engineering  >
No.5 (1958/12) >

 
Title :The Species of Rust Fungi Parastic on the Grasses Collected in the Southern Kyûsyû and the Ryukyu Islands, Japan
Title alternative :南九州および琉球列島所産のイネ科植物に寄生する銹菌
Authors :Hiratsuka, Toshiko
Authors alternative :平塚, 利子
Issue Date :Dec-1958
Abstract :1. 本論文は南九州および琉球列島所産のイネ科植物に寄生する銹菌の分類学的ならびに地理学的研究の成果である。2. 本研究における調査地域は,南九州の鹿児島,宮崎両県および琉球列島の薩南群島,奄美群島,沖縄群島,宮古および八重山群島である。3. この地域内で採集した標本は800点以上に達する。これらの標本をもとにして,確認したイネ科植物に寄生する銹菌の種類数は Melampsoraceae に属する Phakopsora 属1種, Dasturella 属1種, Pucciniaceae に属する Stereostratum 属1種, Uromyces 属6種, Puccinia 属45種,およびUredinales Imperfecti に属する Uredo 属1種,総計6属55種である。これらの属のうち Puccinia 属に属する種類が45種で最も多く,つぎが Uromyces 属の6種である。これらの種類すべてについて,その形態的性質を記載し,その地理的分布を示し,既往の同地域内における記録をあげ,さらに主なる異名を示した。4. 南九州および琉球列島所産種類総数55種に対する南九州の種類数および琉球列島の種類数の割合はそれぞれ80%および75%である。5.南九州および琉球列島に産する種類と共通種の世界各地域における分布状態は,本地域に産する55種に対して最も共通種が多いのは中華大陸およびインド地域に産する44種(80%)である。6.南九州および琉球列島所産種類総数55種のうち,南方系の種類は, Phakopsora 属1種, Dasturella 属1種, Uromyces 属2種, Puccinia 属23種,およびUredo 属1種,計5属,28種である。所産種類総数55種に対する北部琉球列島および南部琉球列島の割合は,いずれも56%,南九州が37%となり,琉球列島が南九州よりも著しく多いが琉球列島の南部および北部地域ではほとんど大差がない。7. 今回,新しく加った種類は,つぎの如くである。1) 新種: Puoccnia arundinis-donacis T. Hiratsuka-Arundo donax(ダンチク)に寄生.2) 南九州のフロラに新に加った種: (1) Phakopsora incompleta (Syd.) Cummins,(2) Uromyces ooronatus Miyabe et Nishida,(3) Puccinia diplachnicola Dietel,(4) P. magnusiana Körnicke,(5) P. miyoshiana Dietel,(6) P. phragmitis (Schum.) Körnicke,(7) P. poae-nemoralis Otth,(8) P. polliniae-quadrinervis Dietel,(9) P. sessilis Schneider,(10) P. setariae-viridis Dietel,(11) P. striiformis Westendorp.3) 琉球列島のフロラに新に加った種: Puccinia cacao Mc Alpine.8. 禾穀類およびイネ科牧草類の銹病菌の学名を検討し,つぎの学名を採用した。1) ムギ類およびイネ科牧草類の黒銹病菌=Puccinia graminis Persoon.2) ムギ頬およびイネ科牧草類の黄銹病菌=Puccinia striiformis Westendorp [Puccinia glumarum Schm.) Eriksson et Henning].3) ムギ類およびイネ科牧草類の赤銹病菌=Puccinia recondita Roberge (Puccinia triticina Eriksson, P. dispersa Eriksson et Henning, . agropyri Ellis et Everhart, P. bromina Eriksson, P. rubigo-vera Winter).4) エンバクおよびイネ科牧草類の冠銹病菌=Puccinia coronata Corda [Puccinia lolii Nielsen, P. himalensis (Barc1.) Dietel].5) オオムギの小銹病菌=Puccinia hordei Otth (Puocinia anomala Rostrup, P.simplex Eriksson et Henning).6) アワの銹病菌=Uromyces leptodermus Sydow (Uromyces setariae-italicae Yoshino).9. モロコシ,セイバンモロコシおよびスーダングラスに寄生する Puccinia purpurea Cooke およびクリノイガに寄生する P. cenchri Dietel et Holway は戦後琉球列島に入ったものと思われる。
Type Local :紀要論文
ISSN :0485-7828
Publisher :琉球大学農家政工学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/22549
Citation :琉球大学農家政工学部学術報告 = The science bulletin of the Division of Agriculture, Home Economics & Engineering, University of the Ryukyus no.5 p.23 -106
Appears in Collections:No.5 (1958/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No5p023.pdf9156KbAdobe PDFView/Open