HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Bulletin >
Bulletin of Science & Engineering Division, University of Ryukyus. Mathematics & natural >
No.18 (1975/01) >

 
Title :オキナワキョウチクトウ種子仁の成分
Title alternative :Studies on the Components from the Seeds of Cerbera odollam, Gaertner. (Okinawa Kyochikuto)
Authors :仲尾, 知子
森, 厳
Authors alternative :Nakao, Tomoko
Mori, Iwao
Issue Date :30-Jan-1975
Abstract :A crystalline substance was obtained from the seeds of Cerbera odollam, Gaertner. This crystalline substance has already been recognized as cardenoride called cerberin. It was crystallized from aqua alcohol, mp. 190~92°C (needle), and showed positive Legal, Baljet and Keller-Kiliani reactions giving a molecular formula of C_<30> H_<46> O_8. A genin of cerberin was estimated as the digitoxigenin by infrared spectroscopy, nuclea magnetic resonance spectroscopy and mass spectroscopic methods, respectively.
オキナワキョウチクトウ(Cerbera odollam, Gaertner)の生鮮薬に含まれる強心配糖体については、著者の一人が報告した。果実の子葉(仁)には、Cerberinという強心配糖体の一種が含まれ、その糖部分が Cerberoseであるとして、その構造が松原によってすでに報告されている。しかし、非糖部分(Genin)については、いまだに報告がなされていない。著者らは、子葉からCerberinを単離し、それについて、赤外吸収スペクトル、核磁気共鳴吸収スペクトル、質量スペクトルを、それぞれ測定し、非糖部分がdigitoxigeninであることを推定した。子葉570gをエーテルで油脂類を除いてから、メタノールで抽出する。メタノールを留去して得た茶褐色粘稠物を、さらにクロロホルムで抽出した。クロロホルムを追い出した残留物は、淡黄色粘稠である。これを含水メタノールで再結晶を繰返して無色針状結晶を得た。融点190~192℃、収率:0.09%。Aglyconによる呈色は、Legal反応、Baljet反応、Liebermann反応はともに陽性。糖によるKeller-Kiliani呈色反kも陽性。これらの結果、Scilla-bufo型でなく、digitalis-Strophantus型であることを示し、ジギタリス配糖体に属する物質だと予想した。元素分析値は理論値とよく一致し、質量スペクトルの結果から、分子式はC_<30>H_<46>O_8となる。
Type Local :紀要論文
Publisher :琉球大学理工学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/23509
Citation :琉球大学理工学部紀要. 理学編 = Bulletin of Science & Engineering Division, University of Ryukyus. Mathematics & natural sciences no.18 p.81 -86
Appears in Collections:No.18 (1975/01)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No18p081.pdf3340KbAdobe PDFView/Open