HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryukyu University economic review >
No.83 (2012/3) >

 
Title :沖縄の製造業に対する琉球政府及び日本政府の保護政策とその効果
Title alternative :Industrial Policy of Goverment of the Ryukyu Islands and Japanese Government on Okinawa, and it's Effect
Authors :大城, 郁寛
Authors alternative :Oshiro, Ikuhiro
Issue Date :Mar-2012
Abstract :1960年代の沖縄の製造業は、就業者の構成比でみると9%を占めるまで規模拡大を果たす。琉球政府下の沖縄はドルを域内通貨と用い、自由貿易及び外資の積極的な導入など開放的な経済体制をとっていたといわれる。しかし、本稿では琉球政府の物品税等の課税のあり方、重要産業育成法等の産業に関する法律、その実際の運用を検討することによって、琉球政府下の沖縄が製造業に関して保護主義的な政策を取っていたことを明らかにする。製造業の規模拡大は、糖業やパイン缶詰産業といった沖縄の輸出商品に関しては日本政府による特別措置によって、またその他の食品加工、衣料・縫製業等の輸入競合産業は琉球政府による保護に拠るものである。その反動で、1960年代に日本政府が保護主義から自由貿易に政策転換を行い、また1972年の復帰により日本経済との一体化を達成すると移入品が自由に流入し沖縄の製造業は再び規模を縮小させる結果となる。
Type Local :紀要論文
ISSN :0557-580X
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/24815
Citation :琉球大学経済研究 no.83 p.29 -49
Appears in Collections:No.83 (2012/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No83p029.pdf3221KbAdobe PDFView/Open