HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.19 (2012/3) >

 
Title :高校教師の成長性と生徒の学習過程への理解の相関的研究
Title alternative :A psychological study on growth of high school teachers and their understanding of leaning process of students
Authors :島袋, 恒男
大城, 房美
Authors alternative :Shimabukuro, tsuneo
Oshiro, fusami
Issue Date :Mar-2012
Abstract :高校教師が現在受け持っている「勉強ができる生徒」の抱く気持ちや考えを推測学習・対人・進路CAMI尺度を使って予測させた。その因子分析の結果、第1因子「未知の原因・運・他者の援助」、第2因子「努力・他者の援助」、第3因子「能力・運」、第4因子「未知の原因」を見出した。各因子と教師の成長性との相関分析の結果、勉強のできる生徒の、「教師の援助」や生徒自身の「努力」を強調する教師は、「教育指導への自信」や、「同僚・先輩・職場の雰囲気・生徒との関係や幅広い人間としての成長」の高いことがわかった。反対に、「教育指導への悩み」を感じている教師は、勉強のできる生徒に対して、なぜ勉強ができるのかその「原因がわからない」し、「運や能力や教師の援助」で説明しており、生徒自身の「努力」の過程を理解することができないということがわかった。そして性別、教職経験年数毎の分析を通して教師の予測する勉強のできる子の「推測CAMI」 と「教師の成長性」についての考察が行われた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/25524
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 no.19 p.91 -104
Appears in Collections:No.19 (2012/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No19p091.pdf1403KbAdobe PDFView/Open