HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :ヤマネコ類の社会維持機構の解明-特にテリトリー獲得過程における雌雄差による分析-
Title alternative :Maintenance mechanism of the social system of wild felid-the sexual difference in the process of the establishment of territory
Authors :伊澤, 雅子
土肥, 昭夫
Authors alternative :Izawa, Masako
Doi, Teruo
Issue Date :Mar-1994
Abstract :平成5年度科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書
研究概要:本研究ではイリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコの2種のヤマネコに主にテレメトリー法を適用することによって、各個体の行動圏に関する長期的調査を複数個体について行なった。また、ノネコを含む他の哺乳類の血縁判定で成果を上げているフィンガープリント法の野生ネコ科への適用の可能性を探る試みを行なった。イリオモテヤマネコについての調査は、沖縄県竹富町西表島において、テレメトリー法、直接観察法、自動撮影法、各種情報整理による行動圏の調査、直接観察による個体間関係の調査を行なった。雌雄それぞれの行動圏の維持、母仔関係、行動圏の継承に関する資料が得られ、特にコアエリアを中心とする雌の行動圏の利用様式とその決定要因としての低湿地の重要性、雄の行動圏と主要餌動物との関連が明らかになった。また、雄の質による定住性等の差も分析することができた。これらはイリオモテヤマネコの社会の構造の中で重要なファクターとなるものである。また、これまで社会維持機構に関わる要因の解析の上で重要でありながら情報が得られていなかった繁殖スケジュールや繁殖システムに関しても明らかになりつつある。捕獲時に採取した血液によって、DNAフィンガープリント法による血縁解析も行なった。ツシマヤマネコについては行動圏に関する直接の資料は得られなかったが、長崎県対馬において痕跡法を用いて糞の分布と内容物の分析から行動圏の利用に関する知見を得た。これらの成果をこれまで得られてきた2種のヤマネコに関する資料とともに解析し、さらに従来継続してきたノネコの社会構造に関する資料とともに考察することにより、ネコ科社会の可塑性についての考察を試みた。これを発展させて、ネコ科の社会進化についてまとめる計画である。
This field survey on the Iriomote cat Felis iriomotensis was conducted on Iriomote Island in Okinawa using radio-tracking method, auto-photographing method and night observation method. Sexual difference in home range utilization pattern, mother-offspring relationship, the inheritance process of home range from mother to offspring were observed. It was clarified that some core areas in females' home ranges were important for them, especially for breeding females. The home ranges of breeding females contained the low wetland in larger proportion. The low wetland seemed to be closely related the abundant food resource. Breeding schedule, which seemed to be important to analyze the social system was estimated for females. Furthermore, males seemed to be variable depending on their individuality (quality, status etc.). DNA finger printing method was also applied to investigate the kin relationship among individuals. The field signs of the Tushima leopard cat Felis bengalensis euptilura was recorded and analyzed to investigate its habitat utilization and food habits. The results in this study was analyzed together withe the data on these two wild felids and on the feral cats which had been gained in our previous studies. The flexibility of the social system of felids was discussed and the hypothesis on the evolution of it are going to be constructed.
一部未公開(抜刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :伊澤雅子
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/25554
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
08404051-1.pdf表紙、はしがき、研究発表、研究成果4708KbAdobe PDFView/Open
08404051-2.pdfFLEXIBILITY OF THE SOCIAL SYSTEM OF THE FERAL CAT, FELIS CATUS10952KbAdobe PDFView/Open