HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.29 (2013/3) >

 
Title :「インド哲学」は「インドの哲学」なのか
Title alternative :What does Indo-Tetsugaku(Indian Philosophy) mean in Japan?
Authors :寺石, 悦章
Authors alternative :Teraishi, Yoshiaki
Issue Date :Mar-2013
Abstract :「インド哲学」という語は「インドの哲学」を意味する、というのが常識的な理解であろう。しかし現実は必ずしもそうではなく、「インドの哲学」以外にもさまざまな意味で用いられている。代表的なものに限っても、「仏教学」を意味する(この場合、「中国」仏教や「日本」仏教なども「インド」哲学に含まれる)、「仏教を除いたインドの哲学」を意味する(この場合、インド仏教はインド哲学に含まれない)といった用法がある。また「インド学」という語が「インド哲学」の同義語として用いられることも少なくない。このような混乱した状況、さらには常識的な理解とはかけ離れた用法が通用している状況を整理して提示する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/26476
Citation :人間科学 = Human Science no.29 p.63 -88
Appears in Collections:No.29 (2013/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No29p063.pdf3863KbAdobe PDFView/Open