ホーム    概要    マイリポジトリ    English    図書館    琉球大学    問合せ

University of the Ryukyus Repository >
教育研究施設等 >
国際教育センター >
留学生教育 : 琉球大学留学生センター紀要 >
Vol.10 (2013/3) >

 
タイトル :中国雲南方言母語話者による日本語音声の特徴
別言語のタイトル :Japanese speech features produced by a Chinese (Yunnan dialect) learner
著者 :永野 マドセン, 泰子
山元, 淑乃
楊, 元
別言語の著者 :Nagano Madsen, Yasuko
Yamamoto, Yoshino
Yang, Yuan
発行日 :2013-3
要約(Abstract) :中国語雲南方言の単一話者による日本語音声を分析し、その全体像を把握した。日本人が聞いて不自然でかつ学習効果が少ないと思われる問題点は「子音の強さ」、濁音が清音になる、および「ら行」の音であった。これらについては音響分析により日本人母語話者との差異を指摘した。母音については、狭母音と広母音の差が少ない中国語の特徴がそっくり日本語の母音のパターンに移されていることが観察された。これらの結果から、雲南方言でも北京方言同様、子音の問題が大きいことが明らかになった。
Japanese speech sounds produced by a single Chinese speaker was analyzed. The results showed three areas that are most problematic: obstruents being too strong, voiced obstruent become voiceless, and the realization of /r/ is different. For these, spectrographic analyses showed the difference between a native Japanese speaker and the Chinese learner. The Chinese vowel formant pattern was nearly directly transferred to the Japanese vowel pattern and little effect of learning was observed.
収録種別 :紀要論文
ISSN :1348-8368
公開者・出版者 :琉球大学留学生センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/26515
掲載雑誌 :留学生教育 : 琉球大学留学生センター紀要 no.10 p.17 -34
出現コレクション:Vol.10 (2013/3)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
No10p017.pdf1461KbAdobe PDF見る/開く