HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.82 (2013/3) >

 
Title :Mrs. Dallowayにおける「時間」と「記憶」
Title alternative :Tunneling through Time and Restive Transmorphative Consciousness
Authors :平良, 勝明
Authors alternative :Taira, Katsuaki
Issue Date :Mar-2013
Abstract :Virginia WoolfのMrs. Dallowayにおいて時間という概念は通常の一方向的な傾向を持つchronologicalな流れとしてではなく多方向的、放射状に無限に伸びていく概念として扱われている。その特異な「時間」 が自由奔放に表面化する記憶として、そして過去から現在までの存在的意味を定義する記憶と合体しつつ、この物語の主たる構成要素となり物語の意味的流れに大きな影響をあたえている。この論文ではその時間の概念が如何に物語の時間軸上で顕在化していくのかという現象を分析検証し、その概念の物語における意味的、そして構成的重要性を再確認する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/26616
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.82 p.127 -158
Appears in Collections:No.82 (2013/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No82p127.pdf2030KbAdobe PDFView/Open