HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.82 (2013/3) >

 
Title :子どもの家庭における食生活の実態と学校給食による調査(1)-排便と食物繊維の摂取について~-
Title alternative :A Study of the Actual Situation of the Domestic Eating Habits and Shool Lunch(1)-A evacuation and intaking of the dietary fiber-
Authors :森山, 克子
與那覇, 由里
Authors alternative :Moriyama, Katsuko
Yonaha, Yuri
Issue Date :Mar-2013
Abstract :本研究は、県内小学校5年生77名を対象とし、2009年9月中旬から10月上旬に実施された「家庭における食生活の実態と学校給食による調査」の一部である。体位や身体活動状況、排便状況など生活の実態を同時に調査することによって食事の摂取状況だけでなく身体活動による消費量の実態を把握することができたが、今回は、排便状況の結果より、排便状況による食物繊維の摂取量に有意な差は見られなかったことを報告する。男子は排便状況が悪いほど食物繊維量が多くなる傾向がみられたが、女子は排便状況が悪いほど食物繊維量は少なくなる傾向がみられ、男女によって違いがみられた。
The present study was a part of the research on relationships between the state of meal at home and school lunch conducted from mid-September to early October in 2009. Participants were 77 fifth grade students in Okinawa. The result shows that there is no significant differences the amount of intaking dietary fiber and actual situation of defecate. For male students, the more they intake dietary fiber,the worse actual situation of defecate is. For female students,the lesser they inkate dietary fiber,the worse状況(frequency,quality) of defecate. Therefore, there is small (orどのくらい) differences between male and female students.
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/26637
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.82 p.253 -259
Appears in Collections:No.82 (2013/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No82p253.pdf703KbAdobe PDFView/Open