HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
SCRIPSIMUS >
No.13 (2004/10) >

 
Title :A typology of pitch accent languages in East Asia
Title alternative :東アジアにおけるピッチアクセント言語の類型論
Authors :Shimabukuro, Moriyo
Authors alternative :島袋, 盛世
Issue Date :Oct-2004
Abstract :本稿はアイヌ語、韓国語、日本語の超音節的特徴を類型論的に共時的そして通時的観点から比較分析したものである。アイヌ語、韓国語、日本語は高低音調を分別するピッチアクセント言語であると言われているが、本論文ではそれらの言語の方言がすべてピッチアクセント言語ではなく、音調の高低が分別的機能を持たない方言も存在することを指摘する。さらに、ピッチアクセントではない言語・方言間の超音節的特徴を上げ、アイヌ語、韓国語、日本語間で相違点を比較考察する。
Type Local :紀要論文
ISSN :0919-4215
Publisher :琉球大学法文学部国際言語文化学科欧米系
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2688
Citation :言語文化研究紀要 : Scripsimus no.13 p.75 -102
Appears in Collections:No.13 (2004/10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No13p75.pdf1209KbAdobe PDFView/Open