HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.49 (2005/3) >

 
Title :English Aberrant Accentuation in Music
Title alternative :音楽にみられる英語の異型アクセント
Authors :Shimabukuro, Moriyo
Authors alternative :島袋, 盛世
Issue Date :Mar-2005
Abstract :一般に、英語の語においてアクセントの置かれる音節は決まっており、方言間でも変わることはないと言われている(例:élephqntはeléphantまたはelephántと発音されない)が、本稿は英語のアクセントが曲中では通常と異なる場合があることを指摘し、更に、その異型アクセントが起こる環境を音符やリズムの観点から明らかにすることを目的とする。 結論を簡潔に言えば、異型アクセントと音符・リズムの相互関係は普通アクセントと音符・リズムの相互関係とは異なるという結果である。結論に達した過程を例を示し、詳細に説明する。なお、本稿ではロック、オータナティブ、ブルースの3つの音楽のジャンルに焦点をしぼった。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2724
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.49 p.1 -21
Appears in Collections:No.49 (2005/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No49p1.pdf755KbAdobe PDFView/Open