HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.83 (2013/7) >

 
Title :教育実践学専修の学生は大学教育に何を求めているか?
Title alternative :What the Students Who Wish to Become Elementary School Teachers Want in the Undergraduate Program to Guarantee a Minimum Standard of Capability of Teachers in the Limited Time?
Authors :道田, 泰司
吉田, 安規良
浅井, 玲子
Authors alternative :Michita, Yasushi
Yoshida, Akira
Asai, Reiko
Issue Date :Jul-2013
Abstract :琉球大学教育学部が「質の高い小学校教員養成を強化すること」を目指して学生教育組織を改組した結果として誕生した学校教育教員養成課程小学校教育コース教育実践学専修の1期生が大学教育に何を求めているのかについて調査することを通して、教員養成学部の学生が大学教育に何を求めているかについて検討し、「教員として最小限必要な資質能力を確実に身に付けさせる」「学び続ける教員像」に対応した大学のカリキュラム改革の一助となる基礎資料を作成した。学生の声を分析した結果、小学校教員志望の学生は実践や教育実習、学校現場や教員の実際に関わる科目や実践とのつながりが見える授業を求めている傾向が見られた。科目区分ごとにみると共通教育科目では楽しく分かりやすく学習内容を、教職科目では教員として指導する立場になったときのことを考える授業を、教育学部科目では公立小学校や離島を体験したり、他者の体験を聞いたりすることを、専修専門科目では、実際の現場や実践記録など、教育実習に役立つことを学生はそれぞれ求めている傾向が見られた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/27277
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.83 p.101 -112
Appears in Collections:No.83 (2013/7)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No83p101.pdf1070KbAdobe PDFView/Open