HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.48 (2004/3) >

 
Title :A Formal Account of the Epistemic Modal Scale : With Special Reference to Should, Must and Their Japanese Counterparts
Title alternative :認識様相スケールの形式意味論的分析 : must、should、「にちがいない」「はずだ」を中心に
Authors :Kurafuji, Takeo
Authors alternative :蔵藤, 健雄
Issue Date :Mar-2004
Abstract :認識的に解釈される法助動詞の意味分析として、しばしば(1)のような蓋然性のスケールが用いられる。 (1)must>will>would>ought to>should>can>may>might>could これによると、mustを含む文が話者の命題に対する確信度が最も高く、続いてwill,would,...となりcouldがもっとも可能性が低いということになる。must(p)がmight(p)より高い蓋然性を表すことは、例えば、前者が後者を含意することから分る。しかし、must(p)がshould(p)より確信度が高いという分析には納得できる程の根拠はない。 本稿では、Kratzer 1981,1991で示された形式的分析を用いて、特に、mustとshouldの違いと日本語の「にちがいない」と「はずだ」の違いに焦点を当て議論する。Kratzerのアプローチでは、法助動詞を含む文‘modal(p)’の真偽は、様相根拠(modal base)と順序源(ordering source)の2つの基準によって制限された可能世界におけるpの真偽で決定される。must,will would,ought to,shouldを含む文は、関連する可能世界すべてにおいて命題pが真である場合、真となり、can,may,might,couldを含む文は、関連するすべての可能世界のうち、ひとつでもpが真となれば、真であると評価される。ここで問題にしているモーダル表現はすべて認識的なものであるので、それらは認識的様相根拠に基づいて解釈される。従って、mustとshouldの違いは順序源の違いであるということになる。本稿では、前者は特に順序源に関して制限を持たないが、後者は、stereotypicalな順序源(「出来事の通常の起こり方に基づけば」という意味の前提)でのみ評価されると主頚する。この違いにより、一見、must>shouldのような印象を受けてしまうのであると考えられる。また、日本語の「はずだ」はshould同様、stereotypicalな順序源で評価されるが、「にちがいない」はdoxasticな順序源(「話者が思っていることに基づけば」という意味の前提)に基づいて評価されることを示す。これにより、「にちがいない」と「はずだ」の分布の違いが理論的に説明される。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2728
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.48 p.15 -40
Appears in Collections:No.48 (2004/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No48p15.pdf1019KbAdobe PDFView/Open