HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.41 (1996/12) >

 
Title :On the Status of the Subject in Lukacs, Jameson, and Foucault
Title alternative :Lukacs,Jameson,Foucaultにおけるsubject(主体)の状態について
Authors :Taira, Katsuaki
Authors alternative :平良, 勝明
Issue Date :Dec-1996
Abstract :この論文ではLukacs,Jameson,そしてFoucaultのsubjectに対する姿勢に関する考察を試みてみた。LukncsはThe Theory of the Novelにおいて,その自叙伝的背景もあり,自己とそれを巻き込む文化的歴史の昇華的(sublimation/making sublime/Sublation)表出の過程でsubjectの絶対的連続性を確認する。Jamesonは弁証法的唯物論の立場から仮定したHistoryとsingle unified narrativeとの相似関係からbourgeois subjectの連続性を想定し,それに基づいた理論を彼のThe Political Unconsciousで展開する。Foucaultはこの両者とは異なり,彼のgenealogyにより必然的,因果的要素で構築された歴史観を偶発的,断片的要素で構築(=非構築)された歴史観で覆すと同時に,subjectの連続性を否定する姿勢を明らかにする。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2747
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.41 p.37 -52
Appears in Collections:No.41 (1996/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No41p37.pdf782KbAdobe PDFView/Open