HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :冊封体制の解体と清末知識人の東アジア認識 : 台湾・琉球・越南・朝鮮問題を通して
Title alternative :A study on a desolation of the traditional Sinocentric World and the Chinese intellectual's recognition about it.
Authors :西里, 喜行
Authors alternative :Nishizato, Kiko
Issue Date :15-Mar-1990
Abstract :平成元年度科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 / 研究概要:伝統的な国際秩序=冊封体制を構成していた清国を中心とする東アジアの諸民族・諸国家は、19世紀の70年代以降、欧米列強や維新後の明治日本によって次々に冊封体制から切り離され、植民地・半植民地の道を歩むこととなる。本研究においては、宗主国たる清国の知識人(士大夫)たちが、冊封体制の解体にどのように対応し、どのような自己意識及び国際意識を確立していくのかという問題を中心に据えて、洋務派外交を担当した知識人たちの対応策を、現実の外交史的展開との関わりにおいて再検討するとともに、この時期に叢生した新聞・雑誌の対外関係記事・論説を可能な限り収集し分析することによって、清国ジャ-ナリズムの東アジア認識の特徴を解明する手がかりを得た。洋務派外交の担当者たちについて言えば、伝統的な国際秩序=冊封体制の護持という共通の前提に立ちながらも、具体的な外交課題の処理に当たっては、近代的な国際秩序=万国公法体制との整合性を考慮せざるを得ず、一般的には、前者に固執すれば「中華思想」の覚醒を促進し、後者を優先すれば反西欧=アジア連帯論へ接近するという傾向のなかで、従来の冊封体制的な対外認識の枠を越えた中国的「ナショナリズム」の萌芽を形成したといえる。清末のジャ-ナリズムは、絶えず対外的諸事件を報道し論評することによって、外交当局や「民衆」の対外認識を変容させる役割を担い、中国的「ナショナリズム」の形成過程を強力に推進するプロモ-タ-として機能した。たとえば、台湾事件・琉球問題・朝鮮問題をめぐって、清末のジャ-ナリズムは、基本的には、日清提携路線を外交基調に据えていた洋務派外交を支持する立場に立ちながらも、より「ナショナル」な対応を主張して洋務派外交を鋭く批判したし、また越南問題=清仏戦争をめぐっては、「民衆」の動向を詳細に報道し、「民衆」レベルのナショナリズムを覚醒することに全力を傾注した。
Before the 1870s, East Asian States on the fringe of China had been included in the framework of the Sinocentric World Order. After the 1870s, however, these states, such as the Kingdom of Ryukyu, Vietnam, Korea, etc, began to be detached from the traditional Sinocentric world one after another by the Western Powers and Japan after Meiji Restoration. The major themes examined in the present study are as follows; firstly, in case of the intellectuals in the suzerain ( China ), particulary in case of the intellectuals who took part in Chinese diplomacy during the Westernization Movement, how had they recognized the relation between suzerain and tributaries, and how had they moved against a dissolution of the traditional Sinocent ric world ? Secondly, chinese journalism from 1870s to 1880s, such as Shenbao in Shanghai, Xunhuan ribao in Hongkong, etc, took notice of the foreign affairs, and then in what way chinese journalists reported and commented the Taiwan Incident, the Ryukyu Incident, the Vietnam's problem and the Korea's problem ? In conclusion, chinese intellectuals including journalists from 1870s to 1880s brought up a sprout of a unique nationalism, that is, Sinocentric nationalism from Chinese experience of conflict between the traditional Sinocentric World Order and the principles of modern international law.
Type Local :研究報告書
Publisher :西里喜行
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2787
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
nishizato_k27-1.pdf第一篇 冊封体制の解体と洋務派外交3737KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-2.pdf第二篇 第一章 清末ジャーナリズムの東アジア認識-台湾・琉球・越南・朝鮮問題をめぐって-2671KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-3.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける台湾事件関連記事・論説見出し一覧及び概要 14681KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-4.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける琉球問題関連記事・論説見出し一覧及び概要 2-12815KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-5.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける琉球問題関連記事・論説見出し一覧及び概要 2-24272KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-6.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける越南問題関連記事・論説見出し一覧及び概要 3-13353KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-7.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける越南問題関連記事・論説見出し一覧及び概要 3-23133KbAdobe PDFView/Open
nishizato_k27-8.pdf第二篇 第二章 清末ジャーナリズムに於ける朝鮮問題関連記事・論説見出し一覧及び概要 43409KbAdobe PDFView/Open