HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.4 (1999/9) >

 
Title :コンテクストと自由 ―バーリンの自由論にかんする解釈を中心に―
Title alternative :Context and Freedom / Liberty; On I. Berlin
Authors :小柳, 正弘
Authors alternative :Koyanagi, Masahiro
Issue Date :Sep-1999
Abstract :自由とはなにか。この問は、一般にはしばしば、自由がいかなるものであるべきかを問うものとみなされており、それゆえ、自由論もまた、自由の本質をあきらかにするものとされてきたのではなかろうか。しかし、ある場合にある自由が自由であることが、別の場合に別の自由が自由であることをかならずしも否定するわけではないように、実際のところ、さまざまな自由はそれぞれなりに自由としてうけいれられている。小論は、現代自由論の古典ともいうべきI.バーリンの自由論の解釈を中心に考察して、自由の概念は、コンテクストとのかかわりで、そのような多様性と自明性の事実にすぐれてみあったものとなることをあきらかにした。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2841
Citation :人間科学 = Human Science no.4 p.27 -59
Appears in Collections:No.4 (1999/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No4p27.pdf1692KbAdobe PDFView/Open