HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.13 (2004/3) >

 
Title :完全学校週5日制時代の教育のあり方 ―「学社融合」を目指す「地域教育経営」の重要性―
Title alternative :A Perspective of Education System in the Stage "Fiveday Schooling in a One Week Period" : Significance of Education Management Based on the Community Toward the "Fusing of School Education and Social Education"
Authors :井上, 講四
Authors alternative :Inoue, Kohshi
Issue Date :Mar-2004
Abstract :公立学校の完全週5日制がスタートして、早1年半が過ぎた。かなりの混乱も予想されたが、およそ10年間の地ならし期間があったこともあり、個別には様々な問題点・課題もあるようではあるが、表面的には、まずは順調な滑り出しといったところか。こうした中、近年、「学社融合」という用語が多用され、これまでの「学社連携」を超えた、新たな学校教育と社会教育の緊密な連携・協力体制づくりが進められている。だが、現時点までの「学社融合(連携)」は、両者の事業・活動の重なり合うところを「融合部分」と称しての、かなり限定的あるいは表層的な関係の中での、協働プログラムの創出に重きが置かれているのではないか。そこに、「何のために、そうした事業や活動を行うのか」あるいは「お互いの教育機能や成果を、何故、組み合わせる必要があるのか」等が、双方にとって等しく共通理解されていなければ、それにかける時間や労力の割には、さほどそのメリットや成果が現れないのではないか。本稿は、以上のような問題意識に基づいて、完全学校週5日制時代における教育のあり方を、改めて「学社融合」を目指す「地域教育経営」の重要性という観点から検討を加えるものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2858
Citation :人間科学 = Human Science no.13 p.9 -42
Appears in Collections:No.13 (2004/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No13p9.pdf1934KbAdobe PDFView/Open