HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.13 (2004/3) >

 
Title :身体的修行の理論と心理生理学的機構 ―文献的紹介―
Title alternative :A Study on the Theories of the Physical Practice and It's Psychophysiological Mechanism of Practician : Bibliographical Review
Authors :中村, 完
Authors alternative :Nakamura, Tamotsu
Issue Date :Mar-2004
Abstract :精神的安静や行動の変容を目指す仏教の修道論に関して、四諦説、八正道、三学、坐禅について心理学的立場から文献的に紹介する。その際、坐禅の構成要素である調身、調息、調心に関して、それぞれの意味を説明し、また、これまで行われた心理生理学的研究の成果の概要も紹介する。ヨーガ修行法についても、同様にその概要を紹介する。他方、身体的操作を通して身心の安静をもたらすという点で、東洋的行法と類似している漸進的弛緩法についても概観する。このような修行法や訓練法を体験する人々に共通する心理生理的機能状態についての関心事は、覚醒レベルの問題である。本稿では覚醒の心理生理学的機構についても言及する。また、スポーツや武道等の身体運動の効果についても述べる。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2860
Citation :人間科学 = Human Science no.13 p.131 -155
Appears in Collections:No.13 (2004/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No13p131.pdf1527KbAdobe PDFView/Open