HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.13 (2004/3) >

 
Title :知識論証と能力仮説の問題点
Title alternative :Some Problems of the Knowledge Argument and the Ability Hypothesis
Authors :西川, 宏昌
Authors alternative :Nishikawa, Hiroaki
Issue Date :Mar-2004
Abstract :フランク・ジャクソンはその知識論証において、今では周知の思考実験により物理主義が誤りである事を論証しようと試みた。それは多くの反響を呼び、物理主義者からのさまざまな反論が提示されたが、その主なものの一つが「能力仮説」である。この小論ではこの仮説を批判しているマイケル・タイの議論を取り上げ、彼の批判の問題点を指摘することを通じて、タイとは異なった論拠に基づいて能力仮説自体が誤りであると論じる。さらに、新たな観点からジャクソンの知識論証がその意図に反して不成功に終わる理由を提示する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2863
Citation :人間科学 = Human Science no.13 p.267 -286
Appears in Collections:No.13 (2004/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No13p267.pdf1263KbAdobe PDFView/Open