HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.17 (2006/3) >

 
Title :顔検出過程研究の展望
Title alternative :Face detection : A review.
Authors :遠藤, 光男
Authors alternative :Endo, Mitsuo
Issue Date :Mar-2006
Abstract :顔認識の諸過程の中で、顔検出過程に対する研究は比較的少なく研究の進展も認めにくい状況にある。本論文では、これまでの顔検出過程の心理学的研究を概観した上で、顔認識の特殊性を考察する際の枠組みが顔検出過程の研究にも有用であることを提案した。そして、それに沿った最近の研究を紹介した。さらに顔検出過程の生得性と神経基盤に関する最近の研究を概観した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/2874
Citation :人間科学 = Human Science no.17 p.47 -78
Appears in Collections:No.17 (2006/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No17p47.pdf2093KbAdobe PDFView/Open