HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
Disastor Prevention Research Center For Island Region >
null >

 
Title :前近代琉球の災害史について―環境社会史の視座から―
Authors :豊見山, 和行
Authors alternative :Tomiyama, Kazuyuki
Issue Date :Oct-2013
Abstract :環境史と社会史の双方の視座を融合させることによって、前近代の琉球における災害史の特質を以下のように検討した。(1)日常的災害(短期的サイクル)、(2)不定期かつ突発的な災害(中長期的サイクル)、(3)巨大地震津波等の大災害(超長期的サイクル)による分類を提言した。具体的には、近世琉球の環境的対応の諸相、日常的災害の実相、首里王府の災害認識と災害対策、そして飢饉と食料問題に焦点を絞って論及した。
Type Local :研究報告書
Publisher :2011年度トヨタ財団研究助成採択プログラム沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/28834
Citation :2011年度トヨタ財団研究助成採択プログラム沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究成果報告書 p.13 -19
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
TTFReporotp013.pdf1174KbAdobe PDFView/Open