HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
Disastor Prevention Research Center For Island Region >
null >

 
Title :沖縄における台風のインパクト―災害対策としてのコミュニティ―
Authors :玉城, 毅
Issue Date :Oct-2013
Abstract :本研究は、台風が頻繁に襲来する沖縄における住家被害に着目し、生活の基盤たる住居が破壊された状況において、人々がどのようなつながりの中で、どのように台風に対応し、どのように復旧を図っていったかについて、ソーシャルキャピタルの視点から明らかにすることを目的としている。具体的には、台風被害の歴史的な様相、復興に向けて機能した人のつながり、住家の変遷とそれに伴うつながりの変化が記述の焦点となる。それによって、社会の中に埋め込まれて累積してきた社会関係(ソーシャルキャピタル)が災害に対してもっている回復力の特徴とその変化を明らかにしたい。
Type Local :研究報告書
Publisher :2011年度トヨタ財団研究助成採択プログラム沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/28843
Citation :2011年度トヨタ財団研究助成採択プログラム沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究成果報告書 p.119 -132
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
TTFReporotp119.pdf1315KbAdobe PDFView/Open