HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.20 (1976/12) >

 
Title :舞踊認知の意味論的研究 (その二) : 琉球舞踊の情報量
Title alternative :On the Appreciation of Dance (2) : A Study on the aftective meaning system of the dance
Authors :金城, 光子
大城, 宣武
Authors alternative :Kinjo, Mitsuko
Oshiro, Yoshitake
Issue Date :Dec-1976
Abstract :The main purpose of this study was to analyze the affective perception concerning the dance movements projected by the films. The first of all, it was claimed that the tetram structure of dance code as ‘sign-meaning, could be transeformed into tetrahedron structure. In this way, S. K. Langer's aesthetic theory, espacially the problem of the dance motion or movement and gesture, was explained. Then the assumption of feeling value of movements, which presented by Matsumoto and Kawaguchi, was reanalyzed from the entropy measure, H, point of view,. Fourty-two woman students in phisical education course at the University of Ryukyus responded to the sixteen pieces of Ryukyuan dance. The data collected from the association experiment were arranged in the use entrpy measure, H, as an index of perceptual feeling value of the virtual dance gesture or motion. The results were descriptively shown in the entropy measure, H, and, the range and the freequency of the response from and to the stimulus the objects. Associated words were shown, too.
舞踊の過程は,創作者・演舞者・鑑賞者を要素として構成される。この過程は伝達過程とみなしうる。この時, 基本的には演舞者の構成する「動きmovement」によって,舞踊の「趣意import/意味meaning」は伝達される(金城・大城1974,1975)。Langer (1953) によれば,「すべての舞踊的動きは身振りである All dancemotion is 「gesture」 (P.174),そして「身振りとは,それによって舞踊的幻影を作り、組織することのできる基本的な抽象物であるJ」(P.174)という。動きそのものは物理的な現実である。現実の動きは舞踊的動きに抽象される。すなわち動きは舞踊の構成要素であり素材である。ただしLanger (1953) が主張するごとく「舞踊的身振りは現実の身振りではなく虚の身振りである」(P.178),そして「舞踊の本来的な幻影は力Powerの虚の領域である―ただしこの力というのは物理的に実際に生み出されたものではなく,虚の身振りによって創造された影響とか作用の現われである」(P.175) と,ランガーは述べている。ランガーは,「虚」と「実」を対比させつつ,舞踊の特性が「虚の力」として抽象できることを示したものと思われる。かくして,ランガーの所説によれば,(1)「意識的な身振りは本質的な言語のように伝達である」(P.196),(2)「舞踊的身振りはシンボルであり,客観的である」(P.196)から,前者の「伝達性」に着目すれば, 舞踊コミュニケーション論として,また「シンボル」に着目すれば舞踊記号論,もしくは舞踊意味論として,「舞踊的身振り」の論を展開することが可能である。本研究の目的は,舞踊的身振り(舞踊作品・フレーズ)に対する連想実験を中心とした,作品特性の情報量(H価)による解釈のための試論である。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/29883
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.20 p.29 -39
Appears in Collections:No.20 (1976/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No20-2p029.pdf3226KbAdobe PDFView/Open