HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
International review of Ryukyuan and Okinawan studies >
No.1 (2012/3) >

 
Title :中城本「御膳本草」における"くわんそう"の活用
Title alternative :Utilization of Akinowasuregusa (Hemerocallis fulva L. var. sempervirona M. Hotta) in Gyozen Honzo Nakagusuku-bon
Authors :上江洲, 榮子
禰覇, 綾子
山城, 奈津美
高間, 愛
嘉手苅, 英子
上江洲, 香代子
Authors alternative :Uezu, Eiko
Neha, Ayako
Yamashiro, Natusumi
Takama, Ai
Kadekaru, Eiko
Uezu, Kayoko
Issue Date :30-Mar-2012
Abstract :ハワイ大学マノア校ハミルトン図書館、坂巻・宝玲(ホーレー)文庫にて調査を行い、沖縄の古い食療書『御膳本草』(渡嘉敷親雲上通寛、1832)中城本に記載されている「くわんそう」の効用について調べた。その中で、「黄疸を除ける」「久しく食へば身を軽くして目あきらかなる」という記述に着目し、花のカテロイドを測定したところ、クリプトキサンチンとβ-カロテン高含量が確認された。花16g入りのスープを2週間連続して摂取した1名の被験者の血液において、β-クリプトキサンチンとβ-カロテンの濃度ではなく、ビタミンAと総抗酸化能が増加した。
Type Local :紀要論文
ISSN :2186-7933
Publisher :琉球大学国際沖縄研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/30154
Citation :国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies no.1 p.1 -8
Appears in Collections:No.1 (2012/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No1p001.pdf769KbAdobe PDFView/Open