HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.21 (2014/3) >

 
Title :学校外における生徒の援助ニーズを把握するための尺度の作成
Title alternative :Development of a scale for assessing educational needs of students after regular school hours
Authors :吉田, 浩之
来田, 宣幸
Authors alternative :Yoshida, Hiroyuki
Kida, Noriyuki
Issue Date :Mar-2014
Abstract :本研究では,中学生を対象にして,学校外において生徒が存在感を認識している内容と不安に感じている内容から,生徒に必要な援助ニーズが示唆される資料を,教師が得ることができる尺度を作成することを目的とした.研究1では,中学生314名を対象に項目を収集し,10の質問項目を抽出した.因子分析の結果,2つの因子を抽出し,それらを下位尺度とする「学校外存在感・不安感尺度」を作成した.研究2では,中学生1953名が本尺度とQ-Uアンケート(河村,1999c) および学習意欲尺度(河村,1999b)に回答し,本尺度の妥当性がみとめられた.また,研究1の生徒を対象にした再テストとCronbachのα係数から信頼性についても確認ができた.
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/30395
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 = Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development no.21 p.39 -49
Appears in Collections:No.21 (2014/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No21p039.pdf3352KbAdobe PDFView/Open