HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development >
No.21 (2014/3) >

 
Title :沖縄県の学校教育における紙漉きと紙製品づくりの展望 : 基盤づくり,教具・カリキュラム開発と実践
Title alternative :The Results and Viewpoints on Introduce Making Japanese Traditional Paper Activities to Elementary and Middle School in Okinawa : Foundation, Teaching Tool, Curriculum and Practice
Authors :前村, 佳幸
岡本, 牧子
仲間, 伸恵
福田, 英昭
片岡, 淳
Authors alternative :Maemura, Yoshiyuki
Okamoto, Makiko
Nakama, Nobue
Fukuda, Hideaki
Kataoka, Jun
Issue Date :Mar-2014
Abstract :沖縄県は和紙の一大産地ではないけれども,芭蕉紙など独自の紙づくりが息づいている。他方において,都市化が進展した地域では自然の素材を活かしたものづくりに触れる機会も少ない。地域文化の担い手の理解と支援を受けながら,和紙抄造の重要な工程である紙漉きを小・中学校の教育現場に導入するための要素や条件を検討し,その実践に向けて推進してきた。その教育上の意義と課題について,これまでの活動を整理し検討を加えた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1346-6038
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/30397
Citation :琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要 = Bulletin of Faculty of Education Center for Educational Research and Development no.21 p.63 -71
Appears in Collections:No.21 (2014/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No21p063.pdf2987KbAdobe PDFView/Open