HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
International review of Ryukyuan and Okinawan studies >
No.4 (2015/3) >

 
Title :ネオ沖縄語の出現とシマクトゥバの消失
Title alternative :Emergence of a Neo Okinawan and Extinction of Ancestral Languages
Authors :崎原, 正志
Authors alternative :Sakihara, Masashi
Issue Date :30-Mar-2015
Abstract :ハワイのシマクトゥバであるハワイ語の言語復興以後、NEO Hawaiian と呼ばれる第二言語話者が話すハワイ語が普及しており、伝統的なハワイ語 TRAD Hawaiian を圧迫している。琉球列島におけるシマクトゥバにおいても沖縄島中南部を中心に新しいかたちのシマクトゥバNEO Okinawan が生まれつつある。大学などの学校教育におけるシマクトゥバ教育がそれぞれの地域に存在する多様なシマクトゥバたちの標準化・画一化を助長する可能性があるため、シマクトゥバの最大の魅力である多様性を残しながらのシマクトゥバ教育でなければならない。
Type Local :紀要論文
ISSN :2186-7933
Publisher :琉球大学国際沖縄研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31114
Citation :国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies no.4 p.33 -46
Appears in Collections:No.4 (2015/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No4p033.pdf7305KbAdobe PDFView/Open