HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
International Institute for Okinawan Studies at the University of the Ryukyus >
International review of Ryukyuan and Okinawan studies >
No.4 (2015/3) >

 
Title :琉球沖永良部語正名方言の条件文
Title alternative :Conditional Sentences in the Masana Dialect of Okinoerabu Ryukyuan
Authors :ハイス・ファン・デル・ルベ
Authors alternative :Gijs van der Lubbe
Issue Date :30-Mar-2015
Abstract :本稿であつかう対象は、琉球沖永良部語正名方言における因果関係を表現しているつきそい・あわせ文である。つきそい文の述語になる形式がさまざまである。条件をあらわすつきそい文の述語になる形式が7つあり(-iwa、-to、-tara、-tukja、-kja、-gaʃara)、日琉語族のなかでは、数が著しい。本稿は、形式ごとに、原因・理由(-tu(ni)) 、契機(-tu)、条件(-iwa、-to、-tara、-tukja、-kja、-gaʃara)、うらめ(muN、-taNte)、ゆずり(-abamu、-timu)のように用法をとりだし整理した。さらに、共通する用法をもつ形式について、言語接触の結果の可能性があることを述べた。
Type Local :紀要論文
ISSN :2186-7933
Publisher :琉球大学国際沖縄研究所
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31116
Citation :国際琉球沖縄論集 = International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies no.4 p.61 -77
Appears in Collections:No.4 (2015/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No4p061.pdf7571KbAdobe PDFView/Open