HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.32 (2015/3) >

 
Title :稲の17世紀 : 加賀藩の藁・糠・籾
Title alternative :Japanese Rice Plant in the 17th Century
Authors :武井, 弘一
Authors alternative :Takei, Koichi
Issue Date :Mar-2015
Abstract :近世前期の17世紀は、日本列島の自然が大改造された、新田開発の時代である。稲には、米だけではなく、藁・糠・籾が含まれている。加賀藩を事例にしながら、稲の副産物とみなされていた藁・糠・籾に注目し、それらが村・武家・町社会のなかで、どのように消費されていたのか、その実態を明らかにした。米はヒトの食料となり、藁・糠はウマなどの家畜の餌料となり、ヒトと家畜が近世社会の内部で農業・軍事・運輸の面での動力を担った。すなわち、稲は結果として人畜力のエネルギー源となり、近世社会を発展させる原動力になった。ここに17世紀に広まった稲の意義がある。
未公開 : 論文中の図1・図2・図3は著者の意向により削除
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31514
Citation :人間科学 = Human Science no.32 p.33 -53
Appears in Collections:No.32 (2015/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No32p033.pdf2156KbAdobe PDFView/Open