HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryukyu University economic review >
No.89 (2015/3) >

 
Title :教育制度設計の多様性に関する理論分析
Title alternative :Theoretical Analysis on the Variety of Education System among OECD Countries
Authors :岩橋, 培樹
Authors alternative :Iwahashi, Roki
Issue Date :30-Mar-2015
Abstract :先進諸国の教育制度を比較すると、能力別選抜によって専門化を実施する年齢、そして専門コースごとの学生比率が意外なほど多様であることに気づく。本論文では、生徒が早期に専門化することのメリットとデメリットによって特徴付けられる理論モデルを展開し、このような教育制度設計の多様性を説明する。理論モデルにもとづいて、20ヵ国のデータからカリブレーションを行った結果、教育制度の異質性が概ね良好に再現された。とりわけ、政府が生産性最大化を意図して設計した教育制度と、政府と家計によって民主的に設計した教育制度とを比較し、後者の方が現実の説明力が高いことを示した。
Type Local :紀要論文
ISSN :0557-580X
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31818
Citation :琉球大学経済研究=Ryukyu University Economic Review no.89 p.89 -111
Appears in Collections:No.89 (2015/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No89p089.pdf2058KbAdobe PDFView/Open