HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.84 (2014/2) >

 
Title :中学生の学習方略に関する研究 : ノートの活用からの検討
Title alternative :Study on Junior High School Students' Learning Strategies : Examining Practical Use of Students' Notebooks
Authors :中山, 宏美
廣瀬, 等
Authors alternative :Nakayama, Hiromi
Hirose, Hitoshi
Issue Date :Feb-2014
Abstract :本研究では、中学生の学習方略に関して、特にノートの活用という観点から検討を行った。まず、研究1においては、ノートの機能と自己調整する力の発達という視点から、中学生のノートの活用段階[4レベル(観察的レベル、模倣的レベル、自己制御されたレベル、自己調整されたレベル)×4機能領域(記録、練習、思考、保存)]を設定し、検討するとともに、ノートの活用段階と関連すると考えられる、学習環境、学業成績、教科の好き嫌いの要因との関係を検討した。研究2では、研究1で使用されたノート活用尺度の内容を、中山(2008)の実践に取り入れる形で、中学生のノートの活用段階を高めるための具体的方法を検討し、それに基づく半年間の授業実践を行い、ノートの活用段階や学業成績に及ぼす効果を検証した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31855
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.84 p.231 -252
Appears in Collections:No.84 (2014/2)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No84p231.pdf1678KbAdobe PDFView/Open