HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.85 (2014/8) >

 
Title :学問・研究の成果と社会の変化を反映したノーマライゼーション概念の再定義
Title alternative :Redefinition of the Normalization Concept
Authors :韓, 昌完
小原, 愛子
矢野, 夏樹
Authors alternative :Han, Changwan
Kohara, Aiko
Yano, Natsuki
Issue Date :Aug-2014
Abstract :ノーマライゼーションの理念が提唱されてから長い年月が経ち、障害者福祉の領域で使用されていた理念だったものが、現在では医療や教育等様々な領域で用いられている。しかし、領域によってその定義は異なっており、また学者によっても異なった定義で使用される。そこでここでは、これまで曖昧なままであった「ノーマライゼーション」の概念を、1.ノーマライゼーション概念の変遷、2.ノーマライゼーション概念の定義に関する研究、3.ノーマライゼーション概念の定義に関する現状、の3点から整理することによって、今までの学問・研究の成果と社会の変化を反映した概念として、ノーマライゼーションを再定義することを目的とする。ノーマライゼーション概念の変遷と定義に関する研究・現状を考察し、筆者はノーマライゼーション概念を「人種・年齢・性別・障害の有無・身体的な条件に関わらず、地域社会の中で住居・医療・福祉・教育・労働・余暇などに関する権利を保障し、実現しようとする理念」として再定義した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/31974
Citation :琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus no.85 p.161 -166
Appears in Collections:No.85 (2014/8)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No85p161.pdf558KbAdobe PDFView/Open